獣医の大罪

街に溢れる動物病院。その内情について。

獣医師の仕事。加計学園問題も交えて。

晴れて獣医師資格を取得すると、様々な仕事に就く獣医師が誕生します。その多岐にわたる仕事内容は以下のようなものです。

 

【診療系】

小動物診療→動物病院でペットの診療

産業動物診療→食用産業動物の診療、生産の手伝い。蜂も。

実験動物診療→研究施設での実験動物の診療

その他→競馬場、水族館、動物園の動物診療

【公務員】

検疫→空港や港で輸入食品や動物の検査

屠畜検査→屠畜場で肉が流通できるかの検査

防疫→重大な家畜伝染病が起きないように監視したり、起きた際に対応する。

食品衛生監視→飲食店や販売店の衛生監視

環境衛生監視→銭湯、プール、火葬場など伝染病が起こりうる場所の衛生監視

薬事監視→病院や美容院で適切に医薬品が使用、管理されているか監視

動物保護→いわゆる保健所の職員

犬の登録→狂犬病予防の流通・啓蒙も兼ねる

行政関連業務→官僚、都道府県職員の仕事に準ずる

【一般企業】

研究→製薬会社や食品会社で薬や飼料の研究を行う

【教員】

教育関連業務→大学や専門学校で教鞭をとる

【その他】

免許を必要としない仕事に就く。YouTuberなど。

 

一部重複していますが、書いているとウンザリするくらいに獣医師免許を持っているだけで出来る仕事がたくさんあります。だいたい半分弱が小動物臨床医として動物病院に就職します。

 

今年、加計学園問題で閉会中審査の際に前愛媛県知事の加戸守行さんが必要性を訴えていたのは、公務員の中の防疫にかかわる獣医師のことです。

 

 子供の夢で挙げられる獣医師は完全にペットのお医者さんでしょうが、他にもたくさん仕事があるのです。これが全然知られてなくて、しかもなんとなく華やかじゃなさそうな仕事内容だけに、「動物のお医者さんはしんどいな、でも他の仕事も夢がないし、一般企業に入ろうかな」みたいな考えになってしまう学生も多いのではないでしょうか。これでは公務員獣医師は増えません。

 

先日の国会で、自民党議員から文科省に対して「医師の自治医大のように、獣医師にも大学卒業後にある程度の職業強制を課す大学があっても良いのではないか」という質問があって、これは僕がずっと考えていたことだったので大変感銘を受けた質問でした。

 

これに対する国の回答は「産業動物獣医師修学資金を増加したことで、今後は産業動物や地域の公衆衛生に関わる獣医師の増加が見込まれる」というものでした。産業動物獣医師修学資金とは、上記の仕事に就くことが確約できる人には毎月の給料とは別に国がお金をあげます(最大で月18万円)という制度の資金です。対象者はこの制度を利用する前提で大学入学試験を受けた者(地域枠入学者)もしくは在学中に申請した者です。

 

では、毎年何名の人がこの制度を利用するでしょう。まず、地域枠入学者は全国的に見てほとんどいませんし、大学側も入学者として設定していないに等しい扱いです(参考サイトhttp://jlia.lin.gr.jp/eisei/syugaku/selection_standard.pdf)。結局、「産業動物獣医師になりたいけど毎月の給料面を考えると厳しいから他の仕事にしよう」という人を対象にした制度だと思われるのですが、はっきり言ってそんな人はほとんどいないでしょう。少なくとも、各都道府県に毎年1人以上送り込めるほどの応募は無いと思います。なぜなら、学生のほとんどが犬や猫を治してあげたいと思って入学してくるからです。

 

ちなみに上記のサイトの一番下に書いてある、日本獣医生命科学大学の獣医師後継者育成枠はただちに撤廃して欲しい枠です。親が獣医師であれば入学のチャンスが増えるなんて、不人気の学部ならいざ知らず、毎年努力しても合格に手が届かない高校生や浪人生のことを考えると裏口入学に近い制度です。

 

話は長くなりましたが、どうぶつのお医者さんは獣医師の仕事のほんの一握りです。この辺りのことがこれから獣医大学に入ろうとする高校生や、その家族の方に浸透して来ると、多少状況は改善するのかもしれません。